2005年07月

2005年07月31日

真の価値

10年近くお付き合いしているテーラーからオーダー中のスーツができあがったとの連絡があったので、引き取りにいく。

前回のブログでも書いたが、スーツはここでしか購入しない。というか他で購入「できない」という方が正確かもしれません。

三菱商事時代の親友から紹介をしてもらって以来、私のスーツは全てここで仕立てています。

フルオーダーというと贅沢のような印象ですが、品質、価格共に「ほんとにこんな値段でいいの?」と思ってしまうぐらい安価です。
最初にオーダーしたスーツは既に5年以上、私のハードワークを共にしていますが、ほとんど型崩れしません。
同時期に購入した某有名ブランドの数十万のスーツはいまは見る影もありません。

「値段とは究極的には顧客の感情が決定するものであり、売り手が決めるものではない」と最近読んだ本に出ていましたが、まさにその通りだと痛感した1日でした。
kaznori0102 at 23:34|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)休暇 

2005年07月30日

心配をおかけしまして

bfe2e260.JPG5時起床。昨日よりは寝れるようになったが、夜中3回ほど目を覚ます。
寝起きのだるさは日々ひどくなっている。

準備をして、品川駅から新幹線で名古屋へ。ローカル線を乗りついて本日の会場へ。

地場大手流通業A社の研修講師。
どの企業においても、永遠のテーマである「次世代リーダー」に対する研修。

喉は痛くないのだが、相変わらず咳が止まらない中での講義だったので、結構きつい。
薬や飴でごまかしながら丸1日行う。

終了後、新幹線で東京へ。新幹線ではぐったり。明日1日で回復できるか?

思いのほか読者の方々からご心配や励ましのメール。ブログパワーはすごいと実感。がんばらねば

2005年07月29日

コンコン

635b3271.JPGさらに咳が悪化したため、ほとんど一睡もできず。仕方なく4時に床を離れる。熱とだるさはないのだが、体力を消耗していることは容易に分かる。

朝セットをこなすが、サウナに入る気力と体力がない。シャワーを浴びて準備に取り掛かる。

最初は丸の内の大手企業A社における早朝勉強会の第2回目。
今日から本格的な内容に入る。1時間半近く話し続ける。
喉がきついが、参加者が熱心なので、気合を入れて話す。

終了後、神田へ移動。マックで雑務を小1時間ののち大手製造業子会社B社へ。
来月から始まるプロジェクトの打ち合わせを1時間ほど。
時折出る咳が止まらない。

その後飯田橋へ。大手システム会社C社で、来期以降のプラニングを話し合う。

恵比寿のオフィスに戻り、雑務など。

明日は終日名古屋で研修講師。早く「コンコン」を治さなければ。


2005年07月28日

商売道具

5時起床。数日前から咳がひどく、特に夜寝る時は最悪。全く寝れない。
1時間毎に起きている感じ。当然体が重い。
しかし、体にムチを打って起き、朝セットをこなす。

その後飯田橋へ移動。大手システム会社A社の分科会と打ち合わせ。

いつものごとく時間がないので、昼もかけこみ。久しぶりに吉野家に行く。
定職なるものを試してみるが、?という感じ。やはり先人の長である松屋に軍配。昼時なのに客も閑散。大丈夫か?と心配になる。

午後は秋葉原で講演。テーマは物流。そろそろ喉も限界。

夕方の予定をキャンセルさせていただき、時間がなくて全然いけなかったマッサージに。90分みっちり。
担当から「かなり内蔵が弱っている」といわれる。
寝不足を解消すべく寝ようと思ったが、かなりきつくやられたため全く寝れず。

その後代官山で食事を取りながらうちあわせ。今日も夜がふけるにつれ、咳がひどくなる。寝れないかも。

話すことが基本の仕事なので、喉は大切。商売道具を大切にしなくては。
睡眠をとることが回復の早道なのは分かるのですが、寝れないのはつらいところです。いつもの通り「気合」で治します。

kaznori0102 at 23:59|この記事のURLComments(78)TrackBack(0)講演 

2005年07月27日

終電

41599346.JPG福岡にて5時起床。ここ数日咳がひどく眠りが浅い(というかほとんど寝ていない感覚)。当然寝起きは最悪。でも気合で起きる。

用意を済ませ、チェックアウト。10分で朝食をかきこみ、タクシーで福岡空港へ、大阪に向かう。福岡−大阪の朝一便も結構混んでる。

伊丹からタクシーで大阪駅前にできた「ハービスアント」へ。
ここ1,2年で様相が激変。高層ビルが立ち並ぶ。
少々早く着いたので、1階のカフェで雑務。

その後、最初のアポである大手商社系子会社A社関西支社へ。
東京本社で進行中のプロジェクトの説明とコンサル手法ABCの説明を1時間ほど。

終了後、近くのビルで昼食。実は前職時代、この近くに関西支社があり、神戸在住の私はよく通っていた。懐かしい。讃岐うどんブームになる前から週に2回は通っていたうどん屋へ。変わってないねー。うまい!

その後、スタバで雑務をこなし、講演会場である日航ホテル大阪へ。
テーマは「企業価値」50名近くの来場者。いつもにも増して、熱心な参加者が多い。メモをしきりにとっている。気合を入れて話す。
終了後、参加者の1名から「感動した」メールが来た。素直に嬉しい。
さらにがんばらねば。

その後、堂島に移動。少し時間があるので、カフェで雑務。
大手システム会社B社関西支社の全体会議へ出席。やはり50名を越す参加者。2時間半の発表&議論。盛り上がる。
会場を移し、食事会となったが、今日は東京へ戻る予定。
久しぶりに新幹線の終電21時18分発で東京へ。結局ほとんど食事できず。残念。

帰りの新幹線でグッドウィルグループ折口会長の新刊を読む。
あのジュリアナ、ベルファーレを仕掛けた人物。面白いので一気に読む。

東京へ着いた時には既に午前様でした。
kaznori0102 at 23:59|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)講演 

感動!

1a9f3e83.jpg久しぶりに映像で感動した。
様々な人々の思いを乗せて宇宙に向かう雄姿は美しい。
一度実際にその場で見てみたい。

今回の野口さんはこれまで4人の日本人宇宙飛行士とは責任の度合いが違う。
宇宙ステーションのドッキングもあり、今後の宇宙事業を占う上でも目が離せない。毎日NASAのHPをチェックするのが楽しみだ。

それはそうと、民間でも宇宙ビジネスがいよいよ盛り上がってきた。
まだまだ高値の華であることは確かだが、今後伸びる分野であることは間違いない。

ちなみに、クラブツーリズムが売り出した20万ドル宇宙旅行に日本人7名が申し込んだそうな。抽選で1名とのこと。
その他「地球の歩き方」ならぬ「宇宙の歩き方」が創刊するらしい。
なかでも1泊滞在費は1億1000万円とのこと。高いのか安いのか。

kaznori0102 at 11:53|この記事のURLComments(863)TrackBack(3)趣味 

2005年07月26日

台風

f739163c.jpgこれまでの怠けを払拭すべく、気合を入れて4時起床。
昨日からの台風の動きが気になる。こういう時に限っていつも台風と共に移動することになる。
去年も沖縄や北海道でひどい目にあった。

朝セットをこなし、最初のアポイントである京橋へ。
大手物流業A社へ。
直近の対応案件について、アライアンスを組める企業の選定。
来社した企業の担当者は、私が講師を担当するJILSの物流技術管理士を昨年受講していたとのこと。
「先生」と言われるのは苦手なので、少々やりづらい。
A社の立場に立って、提案してきた内容に質問と追加依頼をする。

終了後、羽田へ向かう。予想通り雲行きが怪しい。雨も強くなる一方。
ただ経験から問題なく飛ぶと判断。慣れというものは怖い。
多少の遅れ揺れはありましたが、無事福岡着。こちらは快晴。しかも激暑。

タクシーに乗り、博多へ。
今日は自治体向けの講演。公共系にもABCやBPR、BSCといったコンサルティング手法が取り入れられるようになってきた。
実は欧米や特にカナダではこういったパブリックセクターはコンサルタント会社にとっては重要な顧客。日本はまだまだ。これから伸びる分野であることは間違いない。

講演終了後、ホテルへ移動。こもって雑務や提案書レビュー、資料作りにいそしむ。

仕事に関係ありませんが、今日は仕切り直しのシャトルの打ち上げ、あのコロンビア爆発という衝撃から2年半。NASAが立ち直れるかが注目されています。野口さんという日本人も搭乗することもあるので、宇宙好きの私としては、これからTVの前で正座して見守ることにします。きっと成功します!
kaznori0102 at 23:29|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)講演 

2005年07月25日

よく考えてみると

c3cb4b97.JPG久しぶりに寝坊。言い訳ではないが、ホテル(ジムがない)+携帯を変えてアラームの使い方に慣れていない(ならなかった?)+週末の疲れ等々が重なって、電話のバイブレーションで目を覚ます。すでに7時半を過ぎていた。

慌てて飛び起き(といっても急ぎの用件はないのだが)、用意を済ませ、1階のレストランで朝食を取りながら、雑務&今日の準備。

最初のアポイント先である地場大手広告代理店A社へ。
ひとつ仕掛けようとしている案件につき、協議。週末北海道に滞在していたこともあり、その話題でも盛り上がる。

その後、空き時間を使い、午後の準備。
午後は超大手企業B社(業種は企業名が特定されるので控えます)へ。
前回のインタビュー結果の報告と今後の対応を協議。
2時間を越えて、議論。非常に大きなテーマなので、難しい反面、やりがいがある。

終了後、札幌駅に戻り、電車に飛び乗り、空港へ。
ラウンジで雑務をこなし、飛行機へ乗り、羽田へ。
空港からオフィスへのタクシーでも雑務。

明日は前述の通り、福岡です。

よく考えてみると、今週も移動が多い。今日は札幌。明日は午前中都内で1案件あり、その後福岡。翌日は大阪。そして週末は名古屋。現場主義者としてはやりがいのある1週間に今週「も」なることでしょう。がんばります!
全然関係ありませんが、知り合いのCAさん(スチュワーデス)に先週に続き、今日も新千歳空港で偶然会う。
もちろん第一声は「なんで空港でこんなに会うの?なにしてるの?」でした(笑)。ちなみに前回は福岡に向かう機中、今日は新千歳ですからもっともなご指摘です。

kaznori0102 at 18:54|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2005年07月24日

"Value for Money"

50f92318.JPG直訳、いや意訳すると「妥当な対価」ともいえるだろうか。

実は先週の宮崎シーガイアとウィンザー洞爺の総支払単価(1人分の滞在費)には、約10倍という想像し難い開きがある。

ウィンザー洞爺の方が高いのだが、決して宮崎シーガイアに比べて贅沢をしたわけではない。
へたをすると、都内の超高級ホテル以上かもしれない。

「リゾート最高級だから」と片付けてしまえば、「そうですか・・・」で済んでしまうことであるが、残念ながら、細かいところでの対応では、「妥当な対価」と感じることはできなかった。

昨日も書かせていただいたが、ひとつひとつをとりあげると「すばらしい」の一言に尽きる。特に日本国内で唯一の店である三ツ星レストランや京都の老舗の摘草料理なるものは、まさに「驚愕」である。値段も張るが、それはそれで納得のフィーである。
しかし、結果として宿泊代として支払う金額があまりにも高すぎる。
絶対額ではなく、総合的に評価をしてである。

絶対額では、お気に入りの一つである那須高原の二期倶楽部と同等レベルであるが、二期倶楽部のように定期的に行きたいとは感じることができなかった。
なんというか、雰囲気というか、最後の詰めというか、そういうところのもう一歩の詰めが甘い気がしてならない(あくまで私見であるが)。

しかし、それはあくまで高次元での話であり、何も考えなければすばらしいの一言である。

対してシーガイアはうまくポジションを築きつつある印象がある。また行ってみたいと思う施設である。

今日は札幌。定宿であるシェラトン新札幌。まだまだというところは多々あるが、対応その他で工夫改善がみられる。こちらも小言をいう姑の気分で応えてあげる。
今回も1,2点指摘。即座に対応。すばらしい。こういった努力の積み重ねが自分にも必要だなと感じさせる。
なんといってもこのホテル。「妥当な対価」が恐ろしく高い。「こんなに安くていいの?」と思わせるホテル。これもひとつのキャラクター。だから札幌から結構離れていても使ってしまう。飲食業もこれに通ずるものがある。
(余談だが、ベットも変わって劇的に心地よくなった)。

再来週、今回の一連の調査の締めとして、前述の那須高原「二期倶楽部」へ行く。昨今急激に有名になってしまい、昔から知るものとしては寂しい限りだが、ここのホスピタリティ、料理、雰囲気、全てが好きである。
由布院の「玉の湯」、高知の「オーベルジュ土佐山」など、折をみて私の好きな場所を紹介することにする。

私の仕事も"Value for Money"を追求され続ける仕事。満足感を出せるように精進していく所存である。明日からまたがんばります。
kaznori0102 at 23:24|この記事のURLComments(79)TrackBack(1)休暇 

2005年07月23日

やはり自然は

3de72793.JPG昨日から引き続き北海道滞在です。

これまた先週に引き続き、企業再生案件ホテルである「ザ・ウィンザーホテル洞爺」に来ています。

さすが、バブル時代にもうわさになっただけあって豪華です。
料理も施設も抜群ですが、何点か気になる点が目に付きました。
あえてここでは書きませんが、やはり歴史ある一流のホテルとはどこか違うなという点が見え隠れしていました。

とはいっても、気にならないレベルの話なので、これだけの自然あふれるところは、田舎育ちの私にとっては、最高の環境です。

読みたかった本を読みまくりました。
明日は札幌に移動します。4日連続の北海道です。涼しくて心地よいなー。
kaznori0102 at 21:45|この記事のURLComments(577)TrackBack(0)休暇 
Profile
岡田和典
名古屋大学大学院プロセス設計工学修了。
三菱商事、外資系コンサルティングを経て1998年プライスウォーターハウスクーパースコンサルタント株式会社入社。

消費財メーカー、卸売企業、小売業において、営業、物流、間接部門の業務改革に従事し、個々の企業にとどまらず、サプライチェーン企業間の変革、戦略立案等に数多く従事。数多くの実績を残す。

業界という垣根を越え、ハイテク、製造企業においても幅広くABC/ABMを中心とした企業変革コンサルティングに従事。PWCコンサルティング株式会社 製造・流通産業事業部 戦略グループ パフォーマンスマネジメントチームリーダー 兼 シニアマネージャーを歴任し、ABC/ABM、バランスとスコアカード(BSC)をベースとした戦略立案を幅広い業界で推進していてきた。

2002年8月からは元マッキンゼー日本代表の大前研一氏が社長を務めるジェネラル・サービシーズ(略称GSI−JAPAN)に取締役副社長兼最高執行責任者(COO)としてファウンダーとして参画。特に中国を活用した日本企業の間接部門の効率化を推進し、2004年6月から特別顧問となる。

現在、岡田ビジネスディベロップメンツ代表取締役として上記をはじめ様々なプロジェクトや新規事業に参画し、企業価値向上に数多く従事し、実績を残している。コンサルティング活動の一方で年間70件を超える講演、セミナーの講師を実施し、ABC/ABMの有用性を伝える傍ら、流通専門誌、業界誌等への積極的な投稿活動も実施し,コンサルタント人材の育成にも力を入れている。
最近では、ABC/ABMの枠を超え、人材育成やROI(投資対効果)に基づくシステムの有効活用、経営資源の有効活用などに活躍の場をひろげている。

2005年度からは事業の柱を「コンサルティング」「インキュベーション&マネジメント」「人材育成、セミナー、パブリッシング」の3つに分け、地方企業から大手上場企業まで業種業態規模を問わず、積極的に活動をしている。

(主な書籍・執筆活動)
「ABC/ABM流通戦略」(ダイヤモンド社)
「ABC/ABM成功物語」(チェーンストアエイジ2000年4月号〜2001年3月号:全12回(ダイヤモンドフリードマン社)
「ABC活用読本」(情報志向型卸売業研究会)
「効果的な業務改革のための標準ECRスコアカード」(財団法人 流通システム開発センター)
「海外日経企業におけるABC/ABM活用事例」(タイ商工会議所8回連載:2001年)
等多数
☆求人情報☆
【☆一緒に働きませんか?☆】
業務が急速に拡大しているため、以下の業種を募集します。興味がある方は
kaz@okadabds.com
までメールにてご連絡ください。

【セクレタリー】
代表:岡田のセクリタリーを募集します。詳細はメールにて。やりがいがあると思います(本人談)

【コンサルタント】
職務経験は問いません。やる気と根性がある方を優先します。もちろん年齢性別も問いません。

問い合わせ先
ご質問、ご要望、ご意見は以下のメールへお気軽にお願い致します。
ko@okadabds.com
お薦め書籍のご紹介