2006年06月

2006年06月21日

こうならないためにも

525a1371.jpgこんなFWの姿はもうみたくありません。
がんばってください。

FW改造論が出ていますが、表面的ではなく、根本的に検討してブラジル戦に臨んでほしいものです。

独り言でした。


kaznori0102 at 23:38|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年06月20日

人格5

今日は少々まじめな話を。

語弊を恐れず言えば(というか言っても)、私の今の立場をしても
到底会えるような人物と今日お会いする機会がありました。

敢えて自分を棚、それも聳え立つ棚に上げて考えても、到底会える機会がないような方です。

私自身も、仕事柄、一部上場企業の経営者から地方で有力な経営者、そして、今をきらめくベンチャー経営者、そして一流と呼ばれる芸術家等々。。に会う機会は、相当恵まれていると思います。
名刺交換だけでも、年間、裕に1000人を超えます。

それでも、おそらく今の延長線上では会うことができないであろう方です。

わずか1時間弱の対談でしたが、なんともいえない時間、空間でした。
以前、数年間、新会社の立ち上げを一緒にやらせていただいた、コンサルティング業界の第1人者である大前研一氏とも違ったフィーリングでした。

自分の心の奥底に隠れている驕り、甘さといった弱みを改めて気付がつかせていただける。そういった世界を自然と見せてくれる鏡のような何をも映し出すようなオーラ。

こういった人物にならなくては、国を動かすことはできないのであろう。

政治家でもなく、表舞台に立つ経営者でもない。

改めて考えさせられる有意義な一日でした。




2006年06月19日

やはり現場3

c283b4ce.JPG5時起床。週明け。しかもかなり忙しい時期。気合を入れて始動。

まず飯田橋。大手システム会社A社にて、定例分科会。テーマは物流2時間ほど。

歩いて水道橋に移動し、そこから電車で錦糸町へ。

ダッシュで大手製造業B社へ向かう。今日は暑い。

フェーズ2の1つ目のプロジェクトの第1回目がスタート。2時間ほど議論。
やはり内容はロジスティクス関係。

即、電話に乗り、東京駅経由で名古屋近郊へ。

大手流通業C社の物流センター2箇所を視察。結構問題が山積み。
やはり現場。百聞は一見にしかずです。

ここを担当している企業D社担当と視察後、2時間ほど議論。

再び、名古屋駅経由で東京へ。かなり移動がハード。

新幹線の中で、提案書資料作成やら雑務やら。

都内には、21時に到着。

その後オフィスへ移動。明日提出予定の資料作成や、雑務を引き続き。

ワールドカップどころではない。。。。ふうう。

2006年06月18日

勝手な感想1

7fe46d5b.jpgクロアチアとスコアーレスドロー。

初出場の前々回大会、いや前回大会、であったら評価されるべき結果。

しかし、世の中はそう甘くはない。

成長、進化とともに見方が厳しくなる。

本戦出場で浮かれていた時代とは違う。

決勝トーナメント進出が当たり前。当事者には正直厳しい要求だと思う。

昨日の試合。

最後の最後まで走り回っていたのは、中田1人であった。

孤高のリーダー

それを実践している彼の姿に感動した

他のほとんどの選手は、終了10分前には、完全に足が止まった。

結果はどうでもいいと思った。

あれだけの過酷な条件下。仕方ないといえば仕方ないが、中田のコメント曰く、
「関係ない。互いに条件は同じ」
その通り。

途中出場の玉田のコメントが今の日本チームを象徴している
「引き分けで次につながったから」

「次」って?

いつも「次」「次」

次を教えてほしい。

韓国の戦い方、観てほしい。

負けはしたが、オランダ戦でのコートジボアールの後半の猛攻。
あれこそサッカー、フットボール。

圧巻はアルゼンチン。
第2のマラドーナ、メッシ。
彼は先天性の病気を抱えている。
18歳で鮮烈なワールドカップデビュー。

13歳で単身スペインに渡り、プロテストへ。
頑固者で有名だったバルセロナの幹部を
「紙ナプキンに契約書を書いてでも即契約をしたい」
といわしめた人物。

理由は、月に20万円以上かかる薬代を親に払ってもらうことが酷だから。

。。。。。

恐れ入る。

初登場となった試合。

たった20分足らずの参加できちんと結果を出す。動きもすごい。

テレビカメラがついていくのに苦労するため、引き気味にピッチを撮影していた。

昨日の日本−クロアチア戦は
スローリーにカメラが動いていた。

これが全て。

川口のファインセーブが目立つ試合ではだめ。

怒るのもよく分かる。

結果が全ての世界ですが、最後まで「仕事」をしてほしい。

独り言でした。

2006年06月17日

前半戦仕上げ

今日も5時起床。土曜はジムの開始時間が遅いため、ジムなし朝セット。

昨日に引き続き、大手製造業A社にて次世代リーダー研修第2回2日目。

終日、講義やトピック、ケーススタディを織り交ぜながら、メリハリをつけて、あきることなく楽しみながら学べるようにコントロール。

私の研修のモットーは「現場で各自が使える考えの習得」。
一時的にスーパーマンになっても、頭でっかちの理屈派を生み出すだけ。

同じ目線にたって、少しでも参加者が現場で使える技術を習得できるように運営を心がけている。

参加者が30名近く、しかも選抜された精鋭となると、難しいところもあるのですが、そこは私自身もチャレンジ。

昨年より今年、前回より今回、前日より今日。

といった具合に進歩し続けるよう努力をし続ける。

最後は全部のグループがまとめきり、ある種の充実感。

これがあるからやめられない。

次回以降はスキル的な内容にウェイトを置く。

1年近く続く大掛かりな研修。がんばっていきます!

PS:帰りがけにオフィスの電球(180円!)を買いにビックカメラによったら、すごい人。何事か?と思ったら、ボーナスが出た週末でした。ボーナスなど独立してからは完全に無縁。

早くわが社もそうならなくては。。。。


2006年06月16日

今年も4

167fa6e4.JPG5時起床。朝セット。

今日明日と2日間みっちり大手製造業A社にて研修。
全5回の第2回目。前半戦の山。

毎年、創作芸術さながら、床に座り込んだり、椅子に登ったりと、まさに体と頭を満遍なく使う研修。

普段頭で何気なく、断片的に考えていることが、目の前で大きな地図のごとく作られていく過程は、参加者のみならず、教えている私やアシスタントにとっても、興味深いもの。

今日は1日目ということもあり、まずは様子見。

早めに進行し、折角全国から選抜された精鋭達が集まっているので、「ノミニケーション」を図れるように、全体をコントロール。

やることはきっちり集中して行い、後は息抜き。

次世代を担うリーダー達。この時期に頭をひねりあった経験が将来役に立ち、思い出されるよう私もがんばっていきます!

終了後、恵比寿にてスタッフと打ち合わせも行った1日でした。

2006年06月15日

居酒屋寝台列車

5時起床。雨にも負けず朝セット。

今日はまず、飯田橋。大手システム会社A社にて、ここ4年近く推進している営業力強化プロジェクトのオーナーである役員、中心的存在の幹部と30分ほど打ち合わせ。
今後の方針や最新トピックなどを話し合う。

引き続き、営業力強化プロジェクトの全体会議に出席。
各分科会が活動報告を行う。2時間みっちり。
少々厳しいコメントをさせていただいた。
さらに発展してほしい。

1件、社内ミーティングをこなし、急いで羽田へ。
一路大阪へ飛ぶ。

東京に引き続き、関西にてA社の全体会議。今日はダブルヘッター。
こちらは3時間。50名近くの参加。

東京からも役員をはじめ、幹部が揃う。

こちらでもやはり、少々厳しいコメント。心が痛むのですが、これも役目と思い、
びしびし行う。

その後、近くで懇親会。酒を飲みながらいろいろと語り合う。
ゆっくりしたいのですが、明日都内で朝から研修講師があるので、後ろ髪を引かれて引き返す。

最終前の新幹線に乗る。

この時間帯の新幹線社内は、ほとんど「居酒屋」。
酒を飲み、遠足状態で席を回し、語り合っているグループ。その横では
寝台列車状態で、爆水者多数。

品川に着いた時には、既に0時前。
オフィスに戻って明日の準備をしなくては。。。ワールドカップがみたい。。。

典型的な私の一日でした。目が回る。。。。

2006年06月14日

逆サイドセンタリング

5時起床。朝セット。ワールドカップ観たい。。。

今日も朝から東中野にて研修講師。
ちなみに今週末も研修講師。
そして翌週も研修講師。

6月は本当に研修が多い。

私自身も勉強になるので、ありがたい反面、私の研修は基本的に全て私自身が行うため、2日間ですと、丸々拘束されてしまう。当然、コンサルティングや事業投資、経営、雑務にしわ寄せがくる。その分、夜や休みがなくなる。
といったスパイラルです。

夕方無事終了し、東中野から一気に逆サイド、錦糸町へ。

大手製造業B社にて、2つ走るプロジェクトのうち大規模なものの最終打ち合わせ。
これはかなりエキサイティング。楽しみ。
フェーズ1は今年度一杯。これだけでも規模の大きさが分かる。
気合を入れてがんばります!

明日は午前中数本都内で仕事の後、大阪へ飛び、最終新幹線で戻る半日出張です。ふうう。

2006年06月13日

今日も

5時起床。朝セット。

今日も研修講師です。
東中野にて、大手システム会社A社リーダー層に対する2日間の研修の1日目。
テーマはロジカルシンキング。

終了後、予定があったのですが、ここ数日、そしてこれからもかなりバタバタなので、リスケして、オフィスに戻り、雑務。

提案書やら報告書も書かなくてはならず、黙々と作業。

ワールドカップをお酒片手にみたいところですが、仕事が。。。。
なんで6月(弊社期末)にワールドカップなのか。。。

なんて言っていられません。がんばります!

2006年06月12日

またまた

5時起床。月曜なので、ジムなし朝セット。

今日は、まず飯田橋。大手システム会社A社にて、定例の分科会。
テーマはサービス業。2時間ほど。

その後、錦糸町へ。
大手製造業B社にて、次期ステップ内容を担当責任者と最終確認。1時間ほど。

終了後、恵比寿へ。
前職時代のマネージャー連中と夕食を兼ねた打ち合わせ。
またまた新たな発想が浮かぶ。
実現できれば、結構面白いかも。
今日はワールドカップということで、早めに解散。

PS:予想通りの展開になったワールドカップオーストラリア戦。
   よくもわるくも日本人らしさが出ていた試合でした。
   次期待しています。
Profile
岡田和典
名古屋大学大学院プロセス設計工学修了。
三菱商事、外資系コンサルティングを経て1998年プライスウォーターハウスクーパースコンサルタント株式会社入社。

消費財メーカー、卸売企業、小売業において、営業、物流、間接部門の業務改革に従事し、個々の企業にとどまらず、サプライチェーン企業間の変革、戦略立案等に数多く従事。数多くの実績を残す。

業界という垣根を越え、ハイテク、製造企業においても幅広くABC/ABMを中心とした企業変革コンサルティングに従事。PWCコンサルティング株式会社 製造・流通産業事業部 戦略グループ パフォーマンスマネジメントチームリーダー 兼 シニアマネージャーを歴任し、ABC/ABM、バランスとスコアカード(BSC)をベースとした戦略立案を幅広い業界で推進していてきた。

2002年8月からは元マッキンゼー日本代表の大前研一氏が社長を務めるジェネラル・サービシーズ(略称GSI−JAPAN)に取締役副社長兼最高執行責任者(COO)としてファウンダーとして参画。特に中国を活用した日本企業の間接部門の効率化を推進し、2004年6月から特別顧問となる。

現在、岡田ビジネスディベロップメンツ代表取締役として上記をはじめ様々なプロジェクトや新規事業に参画し、企業価値向上に数多く従事し、実績を残している。コンサルティング活動の一方で年間70件を超える講演、セミナーの講師を実施し、ABC/ABMの有用性を伝える傍ら、流通専門誌、業界誌等への積極的な投稿活動も実施し,コンサルタント人材の育成にも力を入れている。
最近では、ABC/ABMの枠を超え、人材育成やROI(投資対効果)に基づくシステムの有効活用、経営資源の有効活用などに活躍の場をひろげている。

2005年度からは事業の柱を「コンサルティング」「インキュベーション&マネジメント」「人材育成、セミナー、パブリッシング」の3つに分け、地方企業から大手上場企業まで業種業態規模を問わず、積極的に活動をしている。

(主な書籍・執筆活動)
「ABC/ABM流通戦略」(ダイヤモンド社)
「ABC/ABM成功物語」(チェーンストアエイジ2000年4月号〜2001年3月号:全12回(ダイヤモンドフリードマン社)
「ABC活用読本」(情報志向型卸売業研究会)
「効果的な業務改革のための標準ECRスコアカード」(財団法人 流通システム開発センター)
「海外日経企業におけるABC/ABM活用事例」(タイ商工会議所8回連載:2001年)
等多数
☆求人情報☆
【☆一緒に働きませんか?☆】
業務が急速に拡大しているため、以下の業種を募集します。興味がある方は
kaz@okadabds.com
までメールにてご連絡ください。

【セクレタリー】
代表:岡田のセクリタリーを募集します。詳細はメールにて。やりがいがあると思います(本人談)

【コンサルタント】
職務経験は問いません。やる気と根性がある方を優先します。もちろん年齢性別も問いません。

問い合わせ先
ご質問、ご要望、ご意見は以下のメールへお気軽にお願い致します。
ko@okadabds.com
お薦め書籍のご紹介