2006年12月

2006年12月31日

お引越し5

2006年は色々とありがとうございました。

2007年からは心機一転、アメブロに引越します。

文字通り、心機一転ですね。

色々と新たな取組みを実行に移す年。

来年も宜しくお願い致します。

新しいアドレスは
http://ameblo.jp/okadabdsです。
お手数ですが、ブックマークをされている方は変更願います!

kaznori0102 at 23:59|この記事のURLComments(102)TrackBack(0)

2006年12月28日

下山

先ほど「下山」しました。
山篭り中は、文字通り「山篭り」。
ネットもほとんど通じないため、ブログアップができませんでした。
(メールを拾うため、片道20分ほど移動するような所!)

今年も残りわずか、まだまだ弊社は仕事があります!

大晦日まで、ラストスパートです。

「山篭り」の詳細は追ってということで。

2006年12月25日

クリスマスらしく4

今日はクリスマスということもあり、クラシックコンサートを鑑賞に千葉方面へ。

結構楽しめました。

その後、オフィスに戻り、一仕事。

夜は飯田橋に移動し、大手システム会社A社幹部の方々との忘年会。

クリスマスに男性陣数名で個室というのも、粋でした(笑)。
来年もさらなる発展を誓い、散会。

明日から山篭りに入り、来年以降の事業構想をまとめます!

2006年12月24日

そろそろ3

今日はクリスマスイブ。

昨日のドライブの最中のラジオの中で

「クリスマスとバースデーは日本人にとって最大の行事」

と言っていました。

確かに。。。

何を隠そう、私の誕生日は正月の2日。

昔から誕生会というものを個別に開いてもらったことがありません。

子供の頃は、友人は皆親戚等の集まり、社会人になってからも実家に帰ってしまったり、海外に行ってしまったりと。。。

ここ数年、この期間中に海外にいたので、バースデーパーティーをやっていただいていましたが、今年は国内、しかもバタバタの予定なので、どうなることやら。。。

そうそう、今日はクリスマスイブでした。。。

オフィスの周り(ガーデンプレイス)は、例年異様な雰囲気です。
こういう日は、「ひきこもり」が一番ですかね(笑)

2006年12月23日

300キロ。。。

私の趣味のひとつに「車」があります。

勿論ドライブも好きなのですが、芸術性ゼロの私にとっては、車のデザインや歴史は常に「陶酔の的」です。

なので、車そのものが好きで、車関係(例えばレースや自動車会社の業績(笑)など)は総じて興味津々です。

しかし、ここ1、2年は多忙を理由に、全くといっていいほど、車を運転する機会がなく、最近はストレスを通り越して、なぜか平常心で入れるようになっていました。

週末の早朝、平日の大渋滞が嘘のような首都高速を流すと、とても爽快。嫌な事やつらい事など、些細な事と思え、またがんばろうと思ってここまでやってきたものです。

今日は、久しぶりに300キロ近くドライブ。
親族がアメリカから帰国するので、成田まで迎えに行きました。

ベイブリッジ、レインボーブリッジ、海ほたる等々。

懐かしい場所を流しながら、ロングドライブ。

ついでではありましたが、久しぶりに爽快感満点でした。

そしてようやく、年明け早々にオーダーをしていた車が納車になります。
1年近く待ち焦がれていた車。

時間を創らなくては。。。。

2006年12月22日

いやはや

大阪のホテルにて6時起床。昨日はバテバテで早めに休む。

午前中はホテルにて、ミーティングやらデスクワークやら。

その後、空港に向かい、羽田へ。

都内に戻り、オフィスにて、事務作業。

その後、ウェスティンホテルにて、打ち合わせを1本。

夜は、大手システム会社A社若手との忘年会。

若手のパワーにはいつも感心します。

私も負けてられませんね!

そういえば今週末は、Xマス。。。。しかし、仕事・・・


2006年12月21日

稀にみる。。2

博多にて5時起床。

今日は移動がかなりタイト。

6時にはホテルを出て、歩いて博多駅へ。

特急とローカル線を乗り継ぎ2時間かけ、有田へ。

地場大手製造業A社にて、中間報告会。

トータルで3時間弱の内容でしたが、前半部のみ参加。

滞在1時間で9時40分発で博多へ逆戻り。

2時間後、福岡空港に到着。一路大阪へ。

伊丹からタクシーで大阪市内へ。

大手システム会社B社にて、研修プログラムの中間報告会と全体会議4時間ほど。

その後、B社忘年会へ参加。

かなり短時間で移動をした1日でした。

明日はこちらで一仕事の後、東京へ戻ります。

2006年12月20日

博多

今日は博多に来ています。

やはりいい街ですね。

交通の便も良く、暖かい。コートは入りません。
そしてなにより美味しいものが安い!

明日は有田に行ってから大阪です。

2006年12月19日

やはり景気が3

5時半起床。朝セット。当初より1時間遅れてきている。。。

午前中は恵比寿にてデスクワーク。
昼過ぎに中目黒経由で、横浜へ。

大手倉庫業A社にて、打ち合わせ。1時間ほど。

その後、虎ノ門へ。
コンサルティング会社B社にて社長と打ち合わせ&プロジェクトメンバーと打ち合わせなど。2時間ほど。

夜は、スタッフと忘年会。2軒ハシゴ。

2軒目は六本木でした。やはりタクシーが全く拾えず。
バブルですねえ。久しぶり?に道路でタクシー拾い合戦をする光景をみました。

バブル期には「諭吉様」を振りかざしていたとかいないとか。。。

明日から今年最後の出張です。

2006年12月18日

めずらしく3

5時半起床。月曜なので、ジムなし朝セット。

今日はまず、埼玉。

通勤ラッシュとは反対方向。それにしてもすさまじいラッシュ。毎日これでは体力がもたないなー。

大手製造業A社にて、プロジェクトワーク。今後の進め方について、メンバー間で討議。1.5時間ほど。

終了後、すぐさま都内へ。

八重洲にて、大手素材業B社にてプロジェクトワーク。
年内の中間報告に向けての方向性の討議と来年実施予定の研修プログラムの討議。
2時間ほど。

その後、同じく八重洲にて、大手倉庫業C社幹部と今後の方向性について打ち合わせ。1時間ほど。

その間も電話で何件かの案件をこなす。

恵比寿へ移動。

スタッフとのミーティングを1時間ほど。

今日は珍しく電車移動のみの1日でした。


Profile
岡田和典
名古屋大学大学院プロセス設計工学修了。
三菱商事、外資系コンサルティングを経て1998年プライスウォーターハウスクーパースコンサルタント株式会社入社。

消費財メーカー、卸売企業、小売業において、営業、物流、間接部門の業務改革に従事し、個々の企業にとどまらず、サプライチェーン企業間の変革、戦略立案等に数多く従事。数多くの実績を残す。

業界という垣根を越え、ハイテク、製造企業においても幅広くABC/ABMを中心とした企業変革コンサルティングに従事。PWCコンサルティング株式会社 製造・流通産業事業部 戦略グループ パフォーマンスマネジメントチームリーダー 兼 シニアマネージャーを歴任し、ABC/ABM、バランスとスコアカード(BSC)をベースとした戦略立案を幅広い業界で推進していてきた。

2002年8月からは元マッキンゼー日本代表の大前研一氏が社長を務めるジェネラル・サービシーズ(略称GSI−JAPAN)に取締役副社長兼最高執行責任者(COO)としてファウンダーとして参画。特に中国を活用した日本企業の間接部門の効率化を推進し、2004年6月から特別顧問となる。

現在、岡田ビジネスディベロップメンツ代表取締役として上記をはじめ様々なプロジェクトや新規事業に参画し、企業価値向上に数多く従事し、実績を残している。コンサルティング活動の一方で年間70件を超える講演、セミナーの講師を実施し、ABC/ABMの有用性を伝える傍ら、流通専門誌、業界誌等への積極的な投稿活動も実施し,コンサルタント人材の育成にも力を入れている。
最近では、ABC/ABMの枠を超え、人材育成やROI(投資対効果)に基づくシステムの有効活用、経営資源の有効活用などに活躍の場をひろげている。

2005年度からは事業の柱を「コンサルティング」「インキュベーション&マネジメント」「人材育成、セミナー、パブリッシング」の3つに分け、地方企業から大手上場企業まで業種業態規模を問わず、積極的に活動をしている。

(主な書籍・執筆活動)
「ABC/ABM流通戦略」(ダイヤモンド社)
「ABC/ABM成功物語」(チェーンストアエイジ2000年4月号〜2001年3月号:全12回(ダイヤモンドフリードマン社)
「ABC活用読本」(情報志向型卸売業研究会)
「効果的な業務改革のための標準ECRスコアカード」(財団法人 流通システム開発センター)
「海外日経企業におけるABC/ABM活用事例」(タイ商工会議所8回連載:2001年)
等多数
☆求人情報☆
【☆一緒に働きませんか?☆】
業務が急速に拡大しているため、以下の業種を募集します。興味がある方は
kaz@okadabds.com
までメールにてご連絡ください。

【セクレタリー】
代表:岡田のセクリタリーを募集します。詳細はメールにて。やりがいがあると思います(本人談)

【コンサルタント】
職務経験は問いません。やる気と根性がある方を優先します。もちろん年齢性別も問いません。

問い合わせ先
ご質問、ご要望、ご意見は以下のメールへお気軽にお願い致します。
ko@okadabds.com
お薦め書籍のご紹介