2006年09月20日

すばらしきパートナー5

c30b5199.JPG5時起床。朝セット。

今日は結構移動が忙しい。

まず、飯田橋。大手システム会社A社にて、定例の分科会。
テーマは物流。2時間ほど。

終了後、タクシーに飛び乗り、一路羽田へ。
出発10分前に到着。ぎりぎりで間に合い、飛行機に飛び乗る。

伊丹に到着。タクシーで梅田へ。

前職時代、通っていたビルの隣が目的の企業が入居するビル。

よく行っていた讃岐うどん屋(まだ健在)で昼食。

その後、A社関西支社へ。
最近、引っ越したこともあり、うらやましい限りのオフィス環境。

あー、早くこんなビルに入居したい。。。。

夕方から約3時間。プロジェクトの進捗発表会及び講演。
40名近くの参加。

これだけの精鋭が、業務時間中に集まることは、ある意味会社としては本業が止まることもあり、時間的に多大な投資。
その投資に対して、実のある内容にする必要があるため、皆真剣。

今後のさらなるがんばりを誓い、終了。

その後、近くで幹部と懇親会。

関西のパワーはすごい(笑)。
やはり仕事はメリハリ。

こうしてクライアントの幹部の方々と腹を割って、フランクにメリハリのあるお付き合いができることは、コンサルタント冥利につきます。

働き、語り、騒ぎ、学び、そしてまた次の日からがんばる。

こういった方々と出会い、刺激を受けることは、すばらしいこと。

期待に沿えるよう、私もがんばらねば。

1次会終了後、東京からのメンバーと関西の幹部と2次会へ。

1時過ぎまで熱く語り、お開き。

明日は長崎です!

PS:写真の方は誰でしょう(笑)。素晴らしい「戦友」です!


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
岡田和典
名古屋大学大学院プロセス設計工学修了。
三菱商事、外資系コンサルティングを経て1998年プライスウォーターハウスクーパースコンサルタント株式会社入社。

消費財メーカー、卸売企業、小売業において、営業、物流、間接部門の業務改革に従事し、個々の企業にとどまらず、サプライチェーン企業間の変革、戦略立案等に数多く従事。数多くの実績を残す。

業界という垣根を越え、ハイテク、製造企業においても幅広くABC/ABMを中心とした企業変革コンサルティングに従事。PWCコンサルティング株式会社 製造・流通産業事業部 戦略グループ パフォーマンスマネジメントチームリーダー 兼 シニアマネージャーを歴任し、ABC/ABM、バランスとスコアカード(BSC)をベースとした戦略立案を幅広い業界で推進していてきた。

2002年8月からは元マッキンゼー日本代表の大前研一氏が社長を務めるジェネラル・サービシーズ(略称GSI−JAPAN)に取締役副社長兼最高執行責任者(COO)としてファウンダーとして参画。特に中国を活用した日本企業の間接部門の効率化を推進し、2004年6月から特別顧問となる。

現在、岡田ビジネスディベロップメンツ代表取締役として上記をはじめ様々なプロジェクトや新規事業に参画し、企業価値向上に数多く従事し、実績を残している。コンサルティング活動の一方で年間70件を超える講演、セミナーの講師を実施し、ABC/ABMの有用性を伝える傍ら、流通専門誌、業界誌等への積極的な投稿活動も実施し,コンサルタント人材の育成にも力を入れている。
最近では、ABC/ABMの枠を超え、人材育成やROI(投資対効果)に基づくシステムの有効活用、経営資源の有効活用などに活躍の場をひろげている。

2005年度からは事業の柱を「コンサルティング」「インキュベーション&マネジメント」「人材育成、セミナー、パブリッシング」の3つに分け、地方企業から大手上場企業まで業種業態規模を問わず、積極的に活動をしている。

(主な書籍・執筆活動)
「ABC/ABM流通戦略」(ダイヤモンド社)
「ABC/ABM成功物語」(チェーンストアエイジ2000年4月号〜2001年3月号:全12回(ダイヤモンドフリードマン社)
「ABC活用読本」(情報志向型卸売業研究会)
「効果的な業務改革のための標準ECRスコアカード」(財団法人 流通システム開発センター)
「海外日経企業におけるABC/ABM活用事例」(タイ商工会議所8回連載:2001年)
等多数
☆求人情報☆
【☆一緒に働きませんか?☆】
業務が急速に拡大しているため、以下の業種を募集します。興味がある方は
kaz@okadabds.com
までメールにてご連絡ください。

【セクレタリー】
代表:岡田のセクリタリーを募集します。詳細はメールにて。やりがいがあると思います(本人談)

【コンサルタント】
職務経験は問いません。やる気と根性がある方を優先します。もちろん年齢性別も問いません。

問い合わせ先
ご質問、ご要望、ご意見は以下のメールへお気軽にお願い致します。
ko@okadabds.com
お薦め書籍のご紹介