趣味

2006年09月28日

感涙5

c236b6e8.jpgやってくれました。
涙涙。

何もいうことありません。

プレーオフ、そして日本シリーズとどこかで必ず観に行きます!

新庄の涙が印象的でした。

kaznori0102 at 06:39|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2006年05月28日

お別れ

今週、趣味のひとつである「車」の1台を売却しました。

オープンカーなので、これからの季節が本番なのですが、特にこの1年は仕事が多忙を極めたせいもあり、数ヶ月乗れないことはザラ。

昨年一年間で700キロ!も満たない距離しか乗れず、バッテリーも2度交換する羽目に。

実は今日と来週に毎年楽しみにしているイベントがあるのですが、それも結局参加できずじまい(涙)。

しかし、逆に考えると、それだけ欲しがる(=需要)が多いので、英断して売却に踏み切りました。

おかげで2年間所有しましたが、ほとんど損をせず売却できました。

この辺が「エンスー」の楽しみ。勿論中古車で購入し、5年以上前の車ですが、日本車ですとこうもいきませんよね。

次の候補を物色中ですが、こういった悩みも楽しみです。なんとか年内には、次の「相棒」を手にいれたいところです。
不動産同様、この分野の車は景気の影響をモロに受けるので、相場が高騰気味(なので高く売却できたことも事実ですが)。

うーん、悩みはつきない。

kaznori0102 at 23:59|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2006年05月25日

すっきり

1cabea3a.JPG5時起床。3日連続早朝より立川方面なので、ジムに行けず。
体が重い。

電車を乗り継ぎ、研修会場へ。
3日連続同じ場所、しかも同じ時間帯に通うのは、久しぶり。
なんだか不思議な感覚。

電車の乗り継ぎもスムーズに行えるようになった。

引き続き、大手システム会社A社幹部向け研修講師。

今日で一通り100名弱の幹部に対し、研修が終了。

研修で終わるのでなく、これからが本番。

参加者各自が個々に担当するエリアで十二分に学んだことを発揮してほしい。

終了後、電車と車を乗り継ぎ、東京ドームへ。

そうです。今日は交流戦日ハム−巨人戦です。

以前もここで書きましたが、何を隠そう30年以上日ハムファンなのです。

なかなか時間がなく、行けなかったのですが、今日は気合で行ってきました。

試合も勝ってすっきり。思ったより日ハムファンがいて嬉しい限り。

小さい子が日ハムのユニフォームを着ていると微笑んでしまいます。

元気をもらったところで、明日から2日間研修講師、がんばります。


kaznori0102 at 23:14|この記事のURLComments(19)TrackBack(0)

2006年04月23日

売れる理由3

0ad8f224.jpg以前から買ってはあったのですが、読む時間をとっていなかった本を斜め読み。

まずは、有名な新谷医師が書いたその名も「病気にならない生き方」。

賛否両論がある本なので、興味津々で読み進む。

読後の感想ですが、「なるほどー」とうなる部分が随所に見られ、常識を非常識とする論の展開は、こういった本にありがちな一本調子の主義主張を押し付ける単調なものとは一線を介しており、面白い内容でした。

一方で書かれていることを全部実践したら人生が楽しいのか?という疑問も残りました。
確かに指摘されればその通りだと思うのですが、逆にストレスが溜まるような。。

部分的ですが、実践しようと思いました。

また別の見方では、論の構成が
「表面的な症状にいくら手を打っても根本的な治療は不可能。表面的な症状つまり体からのシグナルを感知し、その原因を叩くことを考えることが何よりも必要」
というのがベースです。

私がコンサルティングの活動で実践している
「コスト増やシェアダウンといった表面的に起こっている課題に対応することは意味がない。なぜそういったことが起こってきているのか根本的な原因を探り、それにメスがを入れることが重要」

という主張と合致します。

なんだか嬉しい気分になり、今後もこの考えを強化していこうと思いました。
kaznori0102 at 23:59|この記事のURLComments(199)TrackBack(0)

2006年02月16日

欲しい!4

f203d482.JPG5時起床。昨日の夕方から体調が悪い。免疫力が低下している??

研修講師は、しゃべる時間が長く、かつ極力参加者の方々に有益な情報をと思うので、ついつい声も大きくなりがち。選挙で候補者が喉をつぶす気持ちも良く分かります。

ここ10日間で5日!が研修講師。2月は「駆け込み」が多く、プロジェクトワーク、雑務も通常以上なので、何かと体力を消費します。気合が足らないなー。

今日は、昨日に引き続き東中野で大手製造業A社のマネージャー研修。
先週に引き続き2パーティー目。さすがに大きな会社なので、選抜されたマネージャー職だけでも、50名近い。

アウトプットも非常に良いものができた。

弊社の研修の特徴は「実践型」。机上の空論にとどまらず、参加各自が現場で活用できるようにしている。

今回も学んだスキルはさることながら、アウトプットを分析し、レポーティングをする予定。

それをベースに会社の成長のための改革に役立ててほしい。

夕方終了後、恵比寿へ。

限界近いので、ジムにて体のメンテナンス。
担当の先生から入念に90分。

明日も終日研修講師。気合を入れ直してがんばります!

閑話休題

私の夢のひとつが、とうとう登場しました。これを目標のひとつにがんばります!
その夢とはこちら→ここをクリック
kaznori0102 at 23:17|この記事のURLComments(126)TrackBack(0)

2006年02月12日

結局。。。3

401d4e90.jpg結局夜更かしして、観てしまいました。

それにしても、モーグル競技が前回のオリンピックとは全く別物と感じたのは、私だけでしょうか?

レギュレーションの変更があったにせよ、4年間で、人類の成長の早さを感じてしまいました(笑)

それにしても、愛子ちゃんおしかったですね。
うわさのエア「3Dコーク」美しかったです。まさにあれは世界一です。

メダルレベルの差は、基本技術のターンとスピード。

何事も基本は大切です。

寝不足は続く。。。

これから今日の研修講師の準備をします。

2005年11月26日

バッテリーが4

74a15855.JPG土曜日にクライアントアポがないのは久しぶり(といっても反面デスクワークが膨大)なので、久しぶりにドライブに行こうと思った。天気もいいことだし。

しかし。。。。

一番乗っていない車に乗ろうと思い、セルを回すが、うんともすんともいわない。

そう、バッテリーがあがってしまっていました。ライトつけっぱなしでもないのに。

年間で700キロも乗らないなら当然か。

結構ショック。天気もいいし、時間もあるのに。仕方ないですかね。

あきらめて別の車で、走る。

折角なので紅葉でもと山方面に向かう。

しかし。。。

世の中、紅葉が最盛期だということも知らず、大渋滞にはまる。

ということで、開き直り、ゆっくりしてから帰ることにします。

やはり自然はいいですねー。

休むどころかデスクワークがなぜかこうやってはかどっています【笑】


kaznori0102 at 17:09|この記事のURLComments(37)TrackBack(0)

2005年10月23日

しびれた5

aa008aea.jpg見た方も多いと思います。今日の「菊花賞」。

私は都合で出先にいたのですが、近くの電気屋に駆け込み、立ち見しました。
気がつけば、老若男女問わず30名近い人だかりが。

これだけのプレッシャーを抱えながら、史上2頭目となる「無敗三冠馬」となったことは「すごい」「すばらしい」を通り越して、ある種の「感動」を覚えます。

本番にピークにもってくる周りの努力、そして天才ジョッキー武豊の手綱さばき。
そして「本人」ならぬ「本馬?」の実力。
全てが重なり合い、ハーモニーを奏でる姿は美しささえあります。

ビジネスも自分の実力だけではなく、周りに支えられ、ここぞという時に「ピーク」を創り出せることが求められていると思います。

私が学生の頃は、もう1頭の無敗三冠馬であるシンボリルドルフ全盛の頃で、今と同様な盛り上がりがありました。
しかしここ数年、JRAはスターホースに恵まれず、不況とのダブルパンチであれよあれよと売上が落ちていました。

そこに今回の「スーパースターホース」の登場です。
売上はもちろん、関係者の間では「オグリキャップ」の時のように周辺(グッズ等)にも売上が波及しているとのことです。

今回の成功に安住せず、今後の恒久的な発展を模索してほしいものです。

変わって元気がなくなっている国技「大相撲」も若貴い続くスターを標榜していることでしょう。

このように枠にとらわれず、いろいろと考えをめぐらせると面白いですね!

それにしても、ディープインパクト天晴です。
kaznori0102 at 23:26|この記事のURLComments(411)TrackBack(2)

2005年09月20日

スマスマ

dfa60c63.jpg昨日のSMAPXSMAPをTVで観られた方も多いと思います。
宇宙好きの私にとっては、野口さんは英雄であり、憧れの的であります。
昨日の中継でのスマップメンバーとのユーモアかつフレンドリーさあふれるやり取り、今回のミッションでの活躍、少ない自由時間に見せてくれた表情、全てがかっこよすぎます。
バランスが取れて目標と夢にがむしゃらに突き進む姿は理想ですね。

私も野口さんのように、目標と夢を一致させ仕事にプライベートにがんばっていきたいと思います。

さて、NASAからついに次期宇宙計画がリリースされました。
向こう10年以内に今一度有人月面着陸を実行し、滞在施設を建設するとのことです。
30年以内には一般にも開放するとか。

楽しみですね。興味がある方は下記URLを参考に(英文です)。

http://www.nasa.gov/missions/solarsystem/cev.html
kaznori0102 at 11:15|この記事のURLComments(50)TrackBack(0)

2005年07月27日

感動!

1a9f3e83.jpg久しぶりに映像で感動した。
様々な人々の思いを乗せて宇宙に向かう雄姿は美しい。
一度実際にその場で見てみたい。

今回の野口さんはこれまで4人の日本人宇宙飛行士とは責任の度合いが違う。
宇宙ステーションのドッキングもあり、今後の宇宙事業を占う上でも目が離せない。毎日NASAのHPをチェックするのが楽しみだ。

それはそうと、民間でも宇宙ビジネスがいよいよ盛り上がってきた。
まだまだ高値の華であることは確かだが、今後伸びる分野であることは間違いない。

ちなみに、クラブツーリズムが売り出した20万ドル宇宙旅行に日本人7名が申し込んだそうな。抽選で1名とのこと。
その他「地球の歩き方」ならぬ「宇宙の歩き方」が創刊するらしい。
なかでも1泊滞在費は1億1000万円とのこと。高いのか安いのか。

kaznori0102 at 11:53|この記事のURLComments(863)TrackBack(3)
Profile
岡田和典
名古屋大学大学院プロセス設計工学修了。
三菱商事、外資系コンサルティングを経て1998年プライスウォーターハウスクーパースコンサルタント株式会社入社。

消費財メーカー、卸売企業、小売業において、営業、物流、間接部門の業務改革に従事し、個々の企業にとどまらず、サプライチェーン企業間の変革、戦略立案等に数多く従事。数多くの実績を残す。

業界という垣根を越え、ハイテク、製造企業においても幅広くABC/ABMを中心とした企業変革コンサルティングに従事。PWCコンサルティング株式会社 製造・流通産業事業部 戦略グループ パフォーマンスマネジメントチームリーダー 兼 シニアマネージャーを歴任し、ABC/ABM、バランスとスコアカード(BSC)をベースとした戦略立案を幅広い業界で推進していてきた。

2002年8月からは元マッキンゼー日本代表の大前研一氏が社長を務めるジェネラル・サービシーズ(略称GSI−JAPAN)に取締役副社長兼最高執行責任者(COO)としてファウンダーとして参画。特に中国を活用した日本企業の間接部門の効率化を推進し、2004年6月から特別顧問となる。

現在、岡田ビジネスディベロップメンツ代表取締役として上記をはじめ様々なプロジェクトや新規事業に参画し、企業価値向上に数多く従事し、実績を残している。コンサルティング活動の一方で年間70件を超える講演、セミナーの講師を実施し、ABC/ABMの有用性を伝える傍ら、流通専門誌、業界誌等への積極的な投稿活動も実施し,コンサルタント人材の育成にも力を入れている。
最近では、ABC/ABMの枠を超え、人材育成やROI(投資対効果)に基づくシステムの有効活用、経営資源の有効活用などに活躍の場をひろげている。

2005年度からは事業の柱を「コンサルティング」「インキュベーション&マネジメント」「人材育成、セミナー、パブリッシング」の3つに分け、地方企業から大手上場企業まで業種業態規模を問わず、積極的に活動をしている。

(主な書籍・執筆活動)
「ABC/ABM流通戦略」(ダイヤモンド社)
「ABC/ABM成功物語」(チェーンストアエイジ2000年4月号〜2001年3月号:全12回(ダイヤモンドフリードマン社)
「ABC活用読本」(情報志向型卸売業研究会)
「効果的な業務改革のための標準ECRスコアカード」(財団法人 流通システム開発センター)
「海外日経企業におけるABC/ABM活用事例」(タイ商工会議所8回連載:2001年)
等多数
☆求人情報☆
【☆一緒に働きませんか?☆】
業務が急速に拡大しているため、以下の業種を募集します。興味がある方は
kaz@okadabds.com
までメールにてご連絡ください。

【セクレタリー】
代表:岡田のセクリタリーを募集します。詳細はメールにて。やりがいがあると思います(本人談)

【コンサルタント】
職務経験は問いません。やる気と根性がある方を優先します。もちろん年齢性別も問いません。

問い合わせ先
ご質問、ご要望、ご意見は以下のメールへお気軽にお願い致します。
ko@okadabds.com
お薦め書籍のご紹介